« コンパイルに挑戦 | トップページ | 特打練習! »

2007年9月23日 (日)

X-cdroast

簡単にCD-Rを焼きたいと思い、xcdroastを入れました。私レベルだとバイナリーパッケージが有り難いです。一度入れて起動しようとしたら、pcreが無いと言われたのでこれを入れて解決でした。

Xcdtoast

但し、DVDを焼くにはcdrecord-prodvdが要るというメッセージ。gentooの場合だと、これを入れて確かsecurity keyを書き込んだような気がしたのですが。
bash-3.00# cdrecord-prodvd -scanbus
Cdrecord-ProDVD-Clone 2.01.01b03 (i386-pc-solaris2.8) Copyright (C) 1995-2005 J�rg Schilling
Unlocked features:
Limited  features:
Warning: Using USCSI interface.
Warning: Volume management is running, medialess managed drives are invisible.
Using libscg version 'schily-0.8'.
scsibus1:
        1,0,0   100) 'HL-DT-ST' 'DVDRAM GSA-4082B' 'A209' Removable CD-ROM
        1,1,0   101) *
        1,2,0   102) *
        1,3,0   103) *
        1,4,0   104) *
        1,5,0   105) *
        1,6,0   106) *
        1,7,0   107) *

とりあえず、動いているのですが、付加機能のところでCDR_SECURITYキーが入れられません。cdrecordのサイトによれば、cdrtoolに機能があるのでもうキーは必要無いよと書いてあるのですが。浦島太郎の心境です?一昔前の知識は通用しないのです。

|

« コンパイルに挑戦 | トップページ | 特打練習! »

solaris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-cdroast:

« コンパイルに挑戦 | トップページ | 特打練習! »