« gentooでflightgearなど | トップページ | いいお天気 »

2007年10月29日 (月)

真珠湾作戦回顧録

http://www.amazon.co.jp/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E4%BD%9C%E6%88%A6%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E9%8C%B2-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BA%90%E7%94%B0-%E5%AE%9F/dp/4167310058/ref=pd_sim_b_shvl_title_1/250-0330383-2670615

51c34jf0qzl_aa240__2

その時、いったい何が起きたのか、何故そうなったのか。そして何故に開戦への道を選択しなければならなかったのか。1941年、今から66年前の11月26日、日本の機動部隊は一路ハワイを目指して択捉島の単冠湾を出航していきました。以下本文より抜粋です。

機密機動部隊命令作第1号
1.作戦方針
機動部隊ならびに先遣部隊は極力其の行動を秘匿しつつ布哇(ハワイ)方面に進出
 開戦劈頭機動部隊を以って在ハワイ敵艦隊に対し奇襲を決行し之に致命的打撃を
与えると共に先遣部隊を以って敵の出路を扼し極力之を補足せんとす。
空襲第一撃をX日〇三三〇と予定す。
空襲終わらば機動部隊は速に敵より離脱し一旦内地に帰還整備補給の上第二段作戦
部署に就く。
敵艦隊を攻撃せんとする場合は敵有力部隊と遭遇し先制攻撃を受ける虞れ大なる場合はX日以前と雖ども之を反撃撃滅する。

以下省略

第一次攻撃隊
水平爆撃隊 (指揮官・淵田中佐)九七式艦攻 49機
雷撃隊    ( 同  村田少佐)九七式艦攻 40機
急降下爆撃隊 ( 同  高橋少佐)九九式艦爆 51機
制空隊   ( 同  板谷少佐)零式艦戦  43機

第一次攻撃隊
水平爆撃隊 (指揮官・嶋崎少佐)九七式艦攻 54機
急降下爆撃隊 ( 同  江草少佐)九九式艦爆 78機
制空隊   ( 同  進藤大尉)零式艦戦  35機

戦果(米軍資料)
撃沈
戦艦 アリゾナ、ウエストバージニア、カリフォルニア、オクラホマ
大破
戦艦 ネバダ
駆逐艦 カッシン、ショー、ダウンズ
軽巡 ヘレナ、ローリー
中破
戦艦 メリーランド、ペンシルバニア、テネシー

|

« gentooでflightgearなど | トップページ | いいお天気 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真珠湾作戦回顧録:

« gentooでflightgearなど | トップページ | いいお天気 »