« これで最後のxcdroast | トップページ | 機械モノの修理-チェーンソー »

2007年10月24日 (水)

Time for Service

何年か前に、この表示が出て余計なおせっかいと思いつつどうやって消すのかと昔調べたのを思い出しました。

http://www.saabworkshop.com/index.php?page=workshop&article_id=3

Tfs01_3

Tfs02

To reset the TIME FOR SERVICE memory:
Press CLEAR once to remove any messages which may be on the screen.
Hold down the CLEAR button on the SID unit.
After 4 seconds, the unit will beep and "CLEAR" will be displayed.
After 8 seconds, the unit will beep again and "SERVICE" will be displayed.
Release the CLEAR button to complete the reset.

コツは、1回目のclear押しと2回目のclear押しの間隔を空けない事ぐらいです。簡単です!

おまけにこの前挑戦したSIDのアイロンがけ

年月が経ってくるとSIDの表示欠けが起こるのがSAABの持病です。同じ悩みの方も多いのではと思います。ネットで接点部分をアイロン掛けすると接点が復活すると言うのを見つけまして私も挑戦してみました!ここの記事を参考にさせて頂きました!すばらしい内容です!

http://blog.so-net.ne.jp/93th_star/2007-01-05

SIDを取り外して、赤枠の部分をアイロン掛けしました。うちのアイロンの場合は温度を真ん中当たり(ウール毛)に合わせて試しました。最初は滑らすようにやってみたんですがまったく効果なしでした。もう一度外してきて、1cmごとに2秒くらいずつ押し付けるように一往復させたところ無事復活しました。

Sid1

Sid2

時計を見て判るとおり、今年の5月に挑戦したのですが、今はまた少しかけてきています。(現在の状態は、time for serviceの写真見てください)でも実用上まったく問題無しです。またひどくなったら試してみるつもり。私のは1999年の9-3です!

|

« これで最後のxcdroast | トップページ | 機械モノの修理-チェーンソー »

saab」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Time for Service:

« これで最後のxcdroast | トップページ | 機械モノの修理-チェーンソー »