« なんとニアピン賞2つ! | トップページ | 2008/06台湾続編 »

2008年6月22日 (日)

2008/06台湾は台湾

今回の出張直前に、「尖閣沖台湾漁船沈没事故」の影響で、一時は「開戦」とう発言までに発展し、どうなることかと心配をしていましたが、事態は無事収束に向かう様です。
21日付け中国時報の第一面記事です。

Chainatimes

道歉とは、「お詫び」という意味です。そして、新聞の右側に和平落幕とあります。交流協会舟町副代表が、台北県長、外交部亞太司長などと共に、第11管区海上保安部長の書簡をもって何船長の自宅を訪問し、何船長もこれを受け入れたとあります。台湾側にもこれ以上日本との関係を悪化させたくないという意図もあってか「政治的決着」のようですね。書簡の内容は事前に首相官邸の了解を得ており、何船長も「了解日本方面的誠意」です。第11管区海上保安部長の書簡にもはっきりと「事務執行任務上必要行為」としながらも、沈没にはお詫びを述べ、賠償するということで決着しています。まあ、色々ありますがこれ以上は止めときましょう。

今回は、台南を中心に観光じゃなくて仕事してきました。ここは孔子廟です。台湾最古の学校(最高学府)だったようです。

Kousiryou

不謹慎な私は、なぜか、近くにある台南基地に飛んでいくC-130輸送機の勇姿が堪らないです。

C130

西側から進入してこのあたりで右旋回を終えて滑走路へ飛び込みます。左旋回している姿は結構な迫力です!

続いて「赤嵌樓」です。鄭成功の前でうなだれているのがオランダ人のようです。

Teiseikou

ここでは、4機編隊の戦闘機が!ちょっと小さくて良く見えませんが。

Formation

シャッターチャンスを逃してしまった私のためにSさんが君が貴重な写真を送ってくれました!
早期警戒機E-2Tです。

E2t

E2t2

http://www.taiwanairpower.org/af/index.html

ここによると、台南AFBに配備されているのは、 F-CK-1A/Bのようです。E-2Tが配備されているのは、台南ではなく屏東です。この日かなりの数のE-2Tを見ましたので運用中の6機のほとんどが台南に飛来したみたいです。きっと「おーい!仕事終わってから、坦々麺食いに行くか?」、「隊長、俺旨い店知ってますよ!」なんて言いながら飛んでいるのかも知れませんね。

最後に「億載金城」です。清朝時代に海岸防備のためにここに西洋式の砲台を作ったそうです。

Goldenfort

とっても充実した「出張」でした。

|

« なんとニアピン賞2つ! | トップページ | 2008/06台湾続編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221280/41612148

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/06台湾は台湾:

« なんとニアピン賞2つ! | トップページ | 2008/06台湾続編 »