« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月24日 (水)

甦った空

甦った空 「ある海軍パイロットの回想」

岩崎 嘉秋

Yomigaettasora_2

ISBNコ-ド 978-4-16-775323-8

http://www.bunshun.co.jp/book_db/7/75/32/9784167753238.shtml

氏は、九十六式陸攻を駆って重慶爆撃で初陣を飾り、マレー沖海戦、ラバウルと転戦。
魔の索敵コースと言われたガダルカナル島C策敵線哨戒任務をこなす。

昭和18年6月、空輸部隊に転勤となった後はゼロ戦搭乗員の輸送、最前線への物資空輸そして傷ついた将兵の救出と目まぐるしい任務をこなした。

フィリピン・ツゲガラオの救出作戦の際の氏の言葉を引用させて頂くと、

「各自の荷物を捨てて欲しい!、俺は手荷物の代わりに一人でも多く、仲間を乗せて帰りたいのだ」

これに対して一斉に全員が「機長!そうしてください。機長の言われるとおりに。。。」

氏は戦後、海上自衛隊にて、ヘリコプターに機種変更した後、民間へ転出。その後も多くの山岳遭難や人命救助に貢献をされた。

氏は戦争で多くの命を落とした同僚への償いの気持ちを人命救助という仕事に捧げた。

ヘリコプターによる飛行時間 9,734時間20分

本書はこの種の書籍にありがちな自画自賛の戦記を語るのではなく、淡々と調子で書き綴られています。

あとがきに「救うものは救われる」と。。

敗戦濃厚な時期に、丸腰の輸送機DC-3で敵の攻撃を逃れるために夜間で天候の悪いときを狙っての計器飛行がいかに大変か身をもって体験します!

Bashi

フィリピンのクラークを飛び立って漸くバシー海峡にたどり着きます。水平儀と高度計だけが頼りです。

Taiwandc3

明け方、漸く台湾が見えてきますが、雲が多く気流も乱れておりかなり揺れます。思い切って高度を5,000ftまで下げますが視界も不良です。高雄、屏東上空あたりでかなり神経を使います。

18l

漸く台南です。18Lに降りろと言われ、いったん北側にやり過ごしてから風に振られながらぐるりとまわってきました。DC-3には十分すぎる長さの滑走路を使って無事ランディング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

テコンドーの蘇麗文選手

「奇跡体験!アンビリバボー」で見て、もう涙が止まりません!

http://japanese.rti.org.tw/Content/GetSingleNews.aspx?ContentID=63664&BlockID=31

北京オリンピックテコンドー台湾代表の蘇麗文選手は一回戦の試合中に左ひざのじん帯損傷、しかし敗者復活戦が決まると、痛みをこらえて出場

後はもう感動のドラマです。敗者復活戦の1回戦は何とか勝ち抜き、三位決定戦では

もう片足でしか立てない状況に。ついに力尽きて惜しくも惜敗。試合後彼女は、

>国家のためにメダルを取れず皆を失望させたと詫びた。

>ガンに苦しむ父親に金メダルを取ると約束したとした上で、

>「試合場に上がったら絶対あきらめない。国家の旗を背負っていたし、

>多くの人が応援してくれる。家族や友人、先輩やコーチが今まで支えてくれた。

>そう思うとあきらめる理由など何も無かった。

>台湾の人間としての精神を示さなければならないと思った」と。

蘇麗文 是金門之光

http://jp.youtube.com/watch?v=hv-2bHr4e3g

ありがとう!蘇麗文選手、感動をありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

男装の麗人 川島芳子とは

妖花川島芳子伝 (楳本捨三著、秀英書房 1984年)

Yoshiko_2

清朝王室のれっきとした王女として生まれ、日本人志士川島浪速の養女となり、亡国清朝の復辟を計るという巨大な夢を抱いた女性。父親の清朝粛親王の第14王女として生まれ、生名は愛新覚羅 顕玗。粛親王は自分の息子たちが王子としての資質に欠けており彼女が一番「見どころがある」と信じていたとか。

辛亥革命、中華民国建国、そして満州国建国。清朝の復辟のため、関東軍に協力し、「日本軍に協力する清朝王女」と呼ばれるものの、満洲国が清朝の復辟ではなく日本の傀儡国家に過ぎないことが明らかになると、日本軍(関東軍)の満洲国での振る舞いや日中戦争などを批判するように。

やがて終戦を迎え、中国国民党軍に逮捕され、漢奸(国賊、売国奴)として、1948年3月25日に銃殺刑に処。

ところが、川島芳子は生きていた?

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111500254

奇妙な縁に「心安らぐ思い」=川島芳子生存説に山口淑子さん
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111800673

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008111602000092.html

処刑後の写真を見ると、顔がひどく痛んいて、替え玉であるという噂が。。
金の延べ棒5本と引き換えに刑を逃れ、以後は国内で軟禁状態にあったという説も。

http://www.1n0.net/Article/UploadFiles/200505/20050502084839809.jpg

漢奸であるが故に、後頭部から銃殺刑に処された為、顔が無残な事に。。

もし、生きていたのであれば「何か語って欲しかった」ですね、彼女も被害者だったんですから。。暫くは、川島芳子にハマりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »