« 男装の麗人 川島芳子とは | トップページ | 新潟から富山へ »

2008年12月 4日 (木)

テコンドーの蘇麗文選手

「奇跡体験!アンビリバボー」で見て、もう涙が止まりません!

http://japanese.rti.org.tw/Content/GetSingleNews.aspx?ContentID=63664&BlockID=31

北京オリンピックテコンドー台湾代表の蘇麗文選手は一回戦の試合中に左ひざのじん帯損傷、しかし敗者復活戦が決まると、痛みをこらえて出場

後はもう感動のドラマです。敗者復活戦の1回戦は何とか勝ち抜き、三位決定戦では

もう片足でしか立てない状況に。ついに力尽きて惜しくも惜敗。試合後彼女は、

>国家のためにメダルを取れず皆を失望させたと詫びた。

>ガンに苦しむ父親に金メダルを取ると約束したとした上で、

>「試合場に上がったら絶対あきらめない。国家の旗を背負っていたし、

>多くの人が応援してくれる。家族や友人、先輩やコーチが今まで支えてくれた。

>そう思うとあきらめる理由など何も無かった。

>台湾の人間としての精神を示さなければならないと思った」と。

蘇麗文 是金門之光

http://jp.youtube.com/watch?v=hv-2bHr4e3g

ありがとう!蘇麗文選手、感動をありがとう!!

|

« 男装の麗人 川島芳子とは | トップページ | 新潟から富山へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221280/43321240

この記事へのトラックバック一覧です: テコンドーの蘇麗文選手:

« 男装の麗人 川島芳子とは | トップページ | 新潟から富山へ »