« solaris10 10/08 | トップページ | テコンドーの蘇麗文選手 »

2008年12月 1日 (月)

男装の麗人 川島芳子とは

妖花川島芳子伝 (楳本捨三著、秀英書房 1984年)

Yoshiko_2

清朝王室のれっきとした王女として生まれ、日本人志士川島浪速の養女となり、亡国清朝の復辟を計るという巨大な夢を抱いた女性。父親の清朝粛親王の第14王女として生まれ、生名は愛新覚羅 顕玗。粛親王は自分の息子たちが王子としての資質に欠けており彼女が一番「見どころがある」と信じていたとか。

辛亥革命、中華民国建国、そして満州国建国。清朝の復辟のため、関東軍に協力し、「日本軍に協力する清朝王女」と呼ばれるものの、満洲国が清朝の復辟ではなく日本の傀儡国家に過ぎないことが明らかになると、日本軍(関東軍)の満洲国での振る舞いや日中戦争などを批判するように。

やがて終戦を迎え、中国国民党軍に逮捕され、漢奸(国賊、売国奴)として、1948年3月25日に銃殺刑に処。

ところが、川島芳子は生きていた?

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111500254

奇妙な縁に「心安らぐ思い」=川島芳子生存説に山口淑子さん
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111800673

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008111602000092.html

処刑後の写真を見ると、顔がひどく痛んいて、替え玉であるという噂が。。
金の延べ棒5本と引き換えに刑を逃れ、以後は国内で軟禁状態にあったという説も。

http://www.1n0.net/Article/UploadFiles/200505/20050502084839809.jpg

漢奸であるが故に、後頭部から銃殺刑に処された為、顔が無残な事に。。

もし、生きていたのであれば「何か語って欲しかった」ですね、彼女も被害者だったんですから。。暫くは、川島芳子にハマりそうです。

|

« solaris10 10/08 | トップページ | テコンドーの蘇麗文選手 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男装の麗人 川島芳子とは:

« solaris10 10/08 | トップページ | テコンドーの蘇麗文選手 »