« ようやくETC取り付け | トップページ | FreeBSD 7.2 その2 »

2009年6月 7日 (日)

FreeBSD 7.2 に挑戦!

前から、興味がありましたが敷居が高そうだったのと、かなり前にインストール画面を見ただけで諦めてしまった経緯がありました。今回、改めて真摯に挑戦させていただきました。

Freebsdboot

ブート画面からしてシンプルで格調高いと思うのは私だけでしょうか(笑)

xorgの設定は、dbusとhalを有効にするのでこのあたりはgentooとかと同じですが、

/etc/rc.confに以下の記述を追加です(ネットで調べました)

hald_enable="YES"
dbus_enable="YES"

Port_2

ちょっとトラブりましたが何とかXが動いて、この状態です。

portupgradeという便利が機能がありまして実行中です!

Screenshot1

DVDを見るためにxineが入りました。

調子に乗って、パワーマネージメント関係を入れようとしたら起動しなくなってしまいました。

前述のrc.confにpowerd_enable="YES"と書いて再起動したとたん、ログインの際に固まってしまいました。やむなく電源切って再起動し、ブート画面でシングルユーザーモードで起動、

以下の通り、入力して

# fsck -p
# mount -u /
# mount -a -t ufs
# swapon -a

vi /etc/rc.conf として、問題の部分をコメントアウトして復帰出来ました。なぜ出来ないか不明です。。。

|

« ようやくETC取り付け | トップページ | FreeBSD 7.2 その2 »

solaris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FreeBSD 7.2 に挑戦!:

« ようやくETC取り付け | トップページ | FreeBSD 7.2 その2 »