« FreeBSD 7.2 その2 | トップページ | まさか高度35,000フィートで »

2009年7月 5日 (日)

FreeBSD 8.0 amd64

7.2に続いて、8.0を入れてみました!

myhost# uname -a
FreeBSD myhost.local 8.0-CURRENT-200906 FreeBSD 8.0-CURRENT-200906 #0: Sun Jun 28 20:22:07 JST 2009     root@myhost.local:/usr/src/sys/amd64/compile/MY-GENERIC  amd64

Desktop1_4

powernowを有効にすると、マシンが固まってしまうのであれこれ試していたら以下の情報を見つけました!

http://forums.freebsd.org/archive/index.php/t-172.html

http://paranoids.sakura.ne.jp/kaworu/2008-10-21-1.html

myhost# sysctl dev.cpu | grep freq
dev.cpu.0.freq: 2800
dev.cpu.0.freq_levels: 2800/35100 2450/30712 2100/24250 1837/21218 1600/20815 1400/18213 1200/15611 1000/13009 800/12915 700/11300 600/9686 500/8071 400/6457 300/4843 200/3228 100/1614
myhost#

このメッセージで確認すると、自分の使っているphemonIIX4 920では、gentooのdmesgで表示される以外のクロックが設定されていそうです。

powernow-k8: Found 1 AMD Phenom(tm) II X4 920 Processor processors (4 cpu cores) (version 2.20.00)
powernow-k8:    0 : pstate 0 (2800 MHz)
powernow-k8:    1 : pstate 1 (2100 MHz)
powernow-k8:    2 : pstate 2 (1600 MHz)
powernow-k8:    3 : pstate 3 (800 MHz)

よって、

rc.confで、powerd_enable="YES"

sysctl.confで、debug.cpufreq.lowest=1600とすることで、1600以下にはクロックが落ちないようにしてみました。×は動作しない?周波数のはずです。

2800 ○

2450 ×

2100 ○

1837 ×

1600 ○

これでもう一度、例のコマンドで今のクロックを調べてみると以下のようになります。

myhost# sysctl dev.cpu | grep freq
dev.cpu.0.freq: 1600
dev.cpu.0.freq_levels: 2800/35100 2450/30712 2100/24250 1837/21218 1600/20815
myhost#

この状態だと、固まらずに動いてます!

Desktop2

室温29度でのマザー34度、chip(CPU)43度です。フル回転の2800よりはかなり冷えてきます。あくまでも自己責任でお願いします。

Desktop3

|

« FreeBSD 7.2 その2 | トップページ | まさか高度35,000フィートで »

solaris」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FreeBSD 8.0 amd64:

« FreeBSD 7.2 その2 | トップページ | まさか高度35,000フィートで »