カテゴリー「solaris」の記事

2009年7月 5日 (日)

FreeBSD 8.0 amd64

7.2に続いて、8.0を入れてみました!

myhost# uname -a
FreeBSD myhost.local 8.0-CURRENT-200906 FreeBSD 8.0-CURRENT-200906 #0: Sun Jun 28 20:22:07 JST 2009     root@myhost.local:/usr/src/sys/amd64/compile/MY-GENERIC  amd64

Desktop1_4

powernowを有効にすると、マシンが固まってしまうのであれこれ試していたら以下の情報を見つけました!

http://forums.freebsd.org/archive/index.php/t-172.html

http://paranoids.sakura.ne.jp/kaworu/2008-10-21-1.html

myhost# sysctl dev.cpu | grep freq
dev.cpu.0.freq: 2800
dev.cpu.0.freq_levels: 2800/35100 2450/30712 2100/24250 1837/21218 1600/20815 1400/18213 1200/15611 1000/13009 800/12915 700/11300 600/9686 500/8071 400/6457 300/4843 200/3228 100/1614
myhost#

このメッセージで確認すると、自分の使っているphemonIIX4 920では、gentooのdmesgで表示される以外のクロックが設定されていそうです。

powernow-k8: Found 1 AMD Phenom(tm) II X4 920 Processor processors (4 cpu cores) (version 2.20.00)
powernow-k8:    0 : pstate 0 (2800 MHz)
powernow-k8:    1 : pstate 1 (2100 MHz)
powernow-k8:    2 : pstate 2 (1600 MHz)
powernow-k8:    3 : pstate 3 (800 MHz)

よって、

rc.confで、powerd_enable="YES"

sysctl.confで、debug.cpufreq.lowest=1600とすることで、1600以下にはクロックが落ちないようにしてみました。×は動作しない?周波数のはずです。

2800 ○

2450 ×

2100 ○

1837 ×

1600 ○

これでもう一度、例のコマンドで今のクロックを調べてみると以下のようになります。

myhost# sysctl dev.cpu | grep freq
dev.cpu.0.freq: 1600
dev.cpu.0.freq_levels: 2800/35100 2450/30712 2100/24250 1837/21218 1600/20815
myhost#

この状態だと、固まらずに動いてます!

Desktop2

室温29度でのマザー34度、chip(CPU)43度です。フル回転の2800よりはかなり冷えてきます。あくまでも自己責任でお願いします。

Desktop3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

FreeBSD 7.2 その2

いきなりのamd64版でして、ちょっとまだ素人には敷居が高いと思い、i386版にて修行中です。

Desktop

まず、最初にやった事

1.CD-Rを使えるようにする

CD-R焼きをするために、カーネルの再構築です。
カーネル設定に必要なのは以下の6つとのことですが、自分の場合は、
device atapicamだけ追加しました。

こちらを参考にさせてもらいました!

http://www.freebsd.org/doc/ja/books/handbook/creating-cds.html

device atapicam
device scbus
device cd
device pass
device ata
device atapicd

重複して記載すると、configでメッセージが出ます!(私の場合出まくりでした)

こちらを参考にさせて頂きました。

http://w3.itoh.net/kernel.html

これで、dmesgすると、

cd0 at ata0 bus 0 target 1 lun 0
cd0: <HL-DT-ST DVDRAM GSA-H10N JL12> Removable CD-ROM SCSI-0 device
cd0: 33.000MB/s transfers
cd0: cd present [3920240 x 2048 byte records]

cd0が表示されます! 焼きソフトは、「xfburn」です。

あと、DMAを有効にするには、/boot/loader.confに

hw.ata.atapi_dma="1"

を追加しました。これで、手持ちのCD-RWでテストした結果、OKでした。

2.サウンドカードの設定

私のマザーはASUSのM4A78-PROでして、言わずと知れたサウンドはintel hidなので、

/boot/loader.confに snd_hda_load="YES" を追加です。

dmesgすると、こうなります。

hdac0: HDA Codec #0: VIA VT1708S_0
pcm0: <HDA VIA VT1708S_0 PCM #0 Analog> at cad 0 nid 1 on hdac0
pcm1: <HDA VIA VT1708S_0 PCM #1 Digital> at cad 0 nid 1 on hdac0
pcm2: <HDA VIA VT1708S_0 PCM #2 Digital> at cad 0 nid 1 on hdac0

3.nvidiaのドライバー導入

NVIDIAのサイトから、NVIDIA-FreeBSD-x86-185.18.14を落としてきて、インストールです。
 make install するだけです。だたし、カーネルソースお忘れなく!!

/boot/loader.confに nvidia_load="YES" を追加です。

最終的に、私の/boot/loader.confは、以下のとおり

hw.ata.atapi_dma="1"
snd_hda_load="YES"
linux_load="YES"
nvidia_load="YES"

お決まりのxorg.confには以下のお呪いを。

Identifier     "Card0"
Driver         "nvidia"  ← これをお忘れなく!!
VendorName     "nVidia Corporation"
BoardName      "GeForce 8600 GT"

xorgconfigは動かないので、Xorg -configure して下さい。
最初、nvidia-settings(nvidia-settings-96.43.11)が
エラー吐いて動かなかったのですが、compat5xをmake install して
/etc/rc.confに以下を追加したらOKでした。
まったくこれについては自信無しです。
compat5x_enable="YES"

Desktop2

ボリューム調整出来るようになりました!

でも。。。。相変わらず、CPUのクロック下がりませんね。
powerd入れると固まりますので止めてます。xmbmonで温度見てますが、全然動きません!

Xmbmon

ロードされてるモジュールはこんな感じです。
myhome# kldstat
Id Refs Address    Size     Name
1   12 0xc0400000 9fcafc   kernel
2    2 0xc0dfd000 289a4    linux.ko
3    1 0xc0e26000 1ae38    snd_hda.ko
4    2 0xc0e41000 4a64c    sound.ko
5    1 0xc0e8c000 988898   nvidia.ko
6    1 0xc1815000 6a45c    acpi.ko
myhome# 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

FreeBSD 7.2 に挑戦!

前から、興味がありましたが敷居が高そうだったのと、かなり前にインストール画面を見ただけで諦めてしまった経緯がありました。今回、改めて真摯に挑戦させていただきました。

Freebsdboot

ブート画面からしてシンプルで格調高いと思うのは私だけでしょうか(笑)

xorgの設定は、dbusとhalを有効にするのでこのあたりはgentooとかと同じですが、

/etc/rc.confに以下の記述を追加です(ネットで調べました)

hald_enable="YES"
dbus_enable="YES"

Port_2

ちょっとトラブりましたが何とかXが動いて、この状態です。

portupgradeという便利が機能がありまして実行中です!

Screenshot1

DVDを見るためにxineが入りました。

調子に乗って、パワーマネージメント関係を入れようとしたら起動しなくなってしまいました。

前述のrc.confにpowerd_enable="YES"と書いて再起動したとたん、ログインの際に固まってしまいました。やむなく電源切って再起動し、ブート画面でシングルユーザーモードで起動、

以下の通り、入力して

# fsck -p
# mount -u /
# mount -a -t ufs
# swapon -a

vi /etc/rc.conf として、問題の部分をコメントアウトして復帰出来ました。なぜ出来ないか不明です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

solaris 10 5/09

待ちきれずに、入れてしまいました!
サウンド関係はやっぱり旨く認識されないです。

http://www.4front-tech.com/oss.html
ここから、ドライバー頂いて、無事音が出るようになりました。
VIA1708Sってちょっと難しいです(私には)

Mbmon


mbmonをオプション付きで起動してみました。ちょっと変(笑)ですが、マザーとCPUの温度は拾ってくれてるみたいです。

bash-3.00# ./mbmon -A -r -u -t
TEMP0 : 35.0
TEMP1 : 128.0
TEMP2 : 41.0
FAN0  :   54
FAN1  : 3729
FAN2  :    0
VC0   :  +0.00
VC1   :  +1.90
V33   :  +0.00
V50P  :  +5.13
V12P  : +15.50
V12N  : -14.19
V50N  :  -2.29

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

solaris10でphenom II のコアクロックを表示する

solaris10でコアクロックを表示するにはどうするかちょっと調べましたところ、kstatコマンドを使うことが分かりました。さらにインターバルの秒数を入れると、常に表示し続けてくれます。
kstat -m cpu_info -s current_clock_Hz
例えば、こんな感じです。4コアとも2.1GHzで動いてる状態です。
# bash
bash-3.00# kstat -m cpu_info -s current_clock_Hz
module: cpu_info                        instance: 0
name:   cpu_info0                       class:    misc
        current_clock_Hz                2100000000

module: cpu_info                        instance: 1
name:   cpu_info1                       class:    misc
        current_clock_Hz                2100000000

module: cpu_info                        instance: 2
name:   cpu_info2                       class:    misc
        current_clock_Hz                2100000000

module: cpu_info                        instance: 3
name:   cpu_info3                       class:    misc
        current_clock_Hz                2100000000

さらに、intel謹製ののpowerstrip使うとコアの使用率が見れます。コピペのためにインターバルを20秒に伸ばしてます。

bash-3.00# /opt/csw/bin/powertop -v -t 20

Solaris PowerTOP version 1.0       (C) 2007 Intel Corporation

Cn                                Avg       residency       P-states (frequencies)
C0 (cpu running)                      (38.5%)          800 Mhz        0.0%
C1                               0.2ms      (61.5%)         1600 Mhz        0.0%
                                                                   2100 Mhz        0.0%
                                                                   2800 Mhz        100.0%

Wakeups-from-idle per second: 3109.1    interval: 20.0s

no ACPI power usage estimate available

Top causes for wakeups:
6.8% (211.4)            <interrupt> :  pci-ide#0
5.4% (166.7)               <kernel> :  ohci`ohci_handle_root_hub_status_change
3.2% (100.0)               <kernel> :  unix`cbe_hres_tick
3.2% (100.0)               <kernel> :  genunix`clock
3.2% (100.0)               <kernel> :  pcplusmp`apic_redistribute_compute
2.3% ( 70.8)                   java :  <scheduled timeout expiration>
2.1% ( 66.7)               <kernel> :  ehci`ehci_handle_root_hub_status_change

例えば、アイドル状態だと、

800x4

2800x4コア状態

2800x4_2

この場合は、800x1+1600x3

8001600x3_2

見てるだけで面白いですが、意図的に各コアのクロックが違う状況を作り出す方が難しいです。この場合はJDISKReportをバックで動かしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

Phenom II & solaris 10

マザー交換にもなりまして、結局新たにインストールしなおしました。メモリも増やしたのでvirtualboxも動きが良くなりました。メモリ不足で動かなかったOpenSolarisもこの通り!

Solaris

コア4つあります。ところがサウンドでトラブル発生!、音が出ません。
同じ、realtekでALC1200だって書いてあるから。以前のはALC883。お願いだからこの程度の変更は止めて欲しいです、枯れたチップ使って下さい。

もう諦めてましたが、神のお告げ!

http://www.4front-tech.com/forum/viewtopic.php?t=2512

James C. Liu's Weblog ここに、ドライバーがあるらしい。
http://blogs.sun.com/PotstickerGuru/entry/solaris_on_50_ecs_945gct
詳しくはよくお読みください。何でもPCI vendor/devIDをドライバーに付け加えたとか。
ワクワクしながら、
make,make install しました。

bash-3.00# cd /export/home/audiohd-solx86-3/
bash-3.00# make
bash-3.00# make install
/usr/sbin/install -f /kernel/drv -m 755 -u root -g sys i386/audiohd
new owner is root
i386/audiohd installed as /kernel/drv/audiohd
/usr/sbin/install -f /kernel/drv/amd64 -m 755 -u root -g sys amd64/audiohd
new owner is root
amd64/audiohd installed as /kernel/drv/amd64/audiohd

そしてお陰様で、音が出た!!!!
まさに神以外の何者でもない!

そしてもう一つ、mbmonは動かなくなってしまったです。
bash-3.00# ./xmbmon
No Hardware Monitor found!!
InitMBInfo: Error 0
bash-3.00#
センサーが見つからないみたい。残念。マニュアルみると前のマザーと同じIT87系なんですけどね。これ以外は今のところ、快調です。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

solaris10 10/08

http://japan.internet.com/webtech/20081104/11.html
最大の特徴は、ZFS(Zettabyte File System)の拡張とか。ちょっと勉強必要です。

Solaris

見た目は同じ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

Sun xVM VirtualBoxで遊ばれる?!

http://jp.sun.com/products/software/virtualbox/get.html
solaris10にVirtualBoxを入れてみました!最初は設定がうまく行かずにちょっと難儀しましたが、無事完了です。

Sp4

windows2000を入れてみました。sp4を適用中です。

Virtualbox

何とか動き出しました!画面の解像度が16色のままで困ってましたが、Guest Additionsをインストールしたらうまく行きました。この辺はvmwareと似ていますね。しばらく遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

Sunstudio 12

この前新しく入れてみたsolaris10 5/08にsuntudio12を入れて、遊んでみました。

Hworld

Hello worldを10回表示するプログラムです。感激!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

solaris 10 5/08

早速入れてみましたが、ほとんど違いが分かりません。

Solaris10

暫く遊んでみます。。。

Mplayer(gmplayer)を http://www.blastwave.org/packages.phpから入れたのですが音声が出ませんでした。ここから取ってきて、

http://ocean1.ee.duth.gr/SolarisX/

Mplayer

sun audio outputにしたら、音が出るようになりました。あと起動時にフォントが無いと言われまして、./mplayerに、subfont.ttfというファイル名で/usr/openwin/lib/X11/fonts/TrueType/Arial.ttfのリンク張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧